補助犬(聴導犬と介助犬)の訓練士学校 (学校法人ではありません)
日本聴導犬・介助犬訓練士学院(JEITHS)
Japan Educational Institute for the Trainers of Hearing-Dog and Service-Dog

日本初!2009年2月 聴導犬と介助犬訓練士学校を開校
(随時学生を募集中)


当学院は、厚生労働省関東信越厚生局長所管 厚生労働大臣指定法人 社会福祉法人 日本聴導犬協会の付属学院です
※日本聴導犬協会の特徴:訓練理論と実践への高い信頼を得ています。
NPOグランプリ受賞(2001年日本青年会議所50周年事業NPOアワードin大阪)/ 英国聴導犬協会アソシエート(1996年〜)/ 日本初の英国聴導犬協会 国際認定聴導犬インストラクター(2001年〜)/ 日本初のADI国際認定補助犬育成団体(2006年1月〜)/英語圏外初のADI理事に就任(2002年〜2005年)/ 日本初のADI国際認定聴導犬・介助犬インストラクター(2006年1月〜)/ 2010年3月現在、補助犬育成団体としては日本で唯一の「聴導犬と介助犬」の「育成」と「認定」ができる団体/ 日本初 聴導犬みかんが公的交通機関(JR西日本)同伴試験に合格(2001年)/ 日本初 聴導犬かよが航空3社同伴試験に合格(2001年)/ 日本初 多目的(聴導犬と介助犬の働きができる)補助犬しろを育成(2003年)/ 聴導犬・介助犬育成団体としては日本初 全国展開のできる厚生労働省所管となる/ 中日新聞社会功労賞受賞(2001年)/ 第1回日本動物愛護賞 選考委員会特別賞受賞(2004年)など
Menu
◆トップページ

◆学院紹介

◆ミッション

◆受験要綱
 
・受験資格
 ・選考内容
 ・受験料
 ・学費
 ・学生
 (正科生と特修生)
 ・聴講生制度
 ・所在地

 
◆講師リスト

◆スケジュール

◆授業の一例


◆お問合わ先
※必ず訓練士学院と明記し、
 お問合せください


長野県上伊那郡宮田村7030-1
E-mal:inf@hearingdog.or.jp
Tel:0265-85-4615&5290
Fax:0265-85-5088

最新News


20二公的交通同伴試験に合格。日日本初! 公的(JR西日本)
同伴試験に合格した
 聴導犬みかん

聴導犬みかん

◆学院情報◆
ブログ「学生ノート」


【奨学金がつきます】
学院第8期生さん募集中です
詳細は下の画像をチェック


http://blog.goo.ne.jp/moto_taka/ 
◆学院長:森本尚武

このたび、学院長を仰せつかりました森本尚武でございます。本学院は修了年限が1年でありますが、その間に社会福祉という重要な使命を担う聴導犬および介助犬を育成するための準訓練士を目的としております。したがって、さまざまな分野の専門家の方々を講師にお招きして講義と実践による教育を行い、聴導犬および介助犬の育成を通じて将来我が国はもとより国際的に社会福祉に貢献できる人材を育成したいと考えております。募集人員が少なく、マンツーマン教育により、きめ細かな行き届いた教育を行うことも本学院の大きな特徴であります。(信州大学元学長、信州大学農学部名誉教授)
◆副学院長:有馬もと

「チャレンジして失敗することを恐れるよりも、何もしないことを恐れろ」(本田総一郎)この言葉は私の座右の銘です。補助犬を通じた身体障害者福祉とは、すでにあるのではなく、身体障害者の方と共にみなさんが創造し、実践できる土壌を開墾していくことで生まれ、育っていくものではないでしょうか。福祉領域の開拓者となるタフな人材の入学を期待しております。(写真は世界最大の介助犬訓練施設CCIでの視察風景)
有馬もとオフィシャルサイト




copyright ©2008 Japan Educational Institute for the trainer of Hearing-Dog and Service-Dog. All Rights Reserved.